うたいて酒井俊の日常を少しずつ話せればとおもいます 散逸してはいますが 撮りためた写真なども掲載したいと思っています


by sakaishun

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あるBASSISTの眼

bassistの瀬尾高志さんが、横濱ジャズプロムナード 10/6酒井俊オーケ
ストラ@関内大ホール について、彼のブログに書いています。私が書
くよりずっといいので転載させて頂こうと思います。


「続いて、酒井俊オーケストラ。このバンドは曲によって編成が変わる
という趣向。

メンバーは酒井俊(vo)林栄一(as)井上淑彦(ts)太田朱美(fl)土井徳浩(cl)
関島岳郎(tuba)坂本弘道(cello)太田惠資(vln)田中信正(pf)瀬尾高志(b)
山本達久(ds)という凄腕揃い。

冒頭は、俊さんの語りから。ピアノの田中信正さんのピアノが加わり一
瞬にして世界が生まれた。ダンス、ダンス、ダンス…と『MY WILD IRISH
ROSE』が始まる。後半はぐるぐると踊るようなテンポアップ。暖かな親
密なアンサンブル。

続いて、コントラバス奏者の齋藤徹さんの名曲『街』。この曲は徹さんと
何度も共演してきた。漢達の低弦でもやってきたので暗譜しているくらい
だ。俊さんの歌詞が活きるように弾く。この難しい旋律を歌で表現するの
は至難の業だと思う。

次の曲は、林栄一さんの『回想』。この曲は札幌のピアニスト田中朋子さ
んが昔からやっていて、この曲を通して林栄一さんのことを知った。その
後、ホッパーズダック、マズル、デガショー、音の粒と色々なアルバムを
聴きまくった。密度が濃くなおかつ速い林さんの音色には、いつもしびれ
させられる。今回は、この回想を林さん自らアレンジしてきてくれた。懐
かしいようなサルサバンドのホーンセクション。大学時代CUBAを旅した。
独特の空気感と色彩が頭の中を駆け抜けた。冒頭の歌詞には、故川端民生
さんが出てくる。一度お会いしたかったけれど、僅かの時期のずれで会う
ことがかなわなかった。

酒井俊さんが、震災の後に書いたオリジナル曲『花身』。チェロの坂本弘
道さんの音がこの世でもあの世でもないどこでもない世界をつくる。俊さ
んの歌詞は悲しく強く、希望を持って響く。

ここで一度ステージから降りて林さんと信正さんと俊さんのトリオで、エ
ルトンジョンの『SORRY SEEMS TO BE THE HARDEST WORD』。
圧巻のステージ。むせび泣いている音楽。

再び全員が揃って林栄一さんの名曲『ナーダム』。冒頭、土井さん、関島
さん、坂本さんと俺での即興シーン。低いぜ。坂本さん謎のマシーンから
ノイズを出している。うわわ。こちらもガット弦の倍音ノイズからの祭り
が始まる。ドラム達久くんが最高!このメンバー凄いよ!

ステージには祭りの後の静寂。俊さんと林栄一さんとのDUOでバラードメ
ドレー。一切集中力が途切れることがない俊さん。素晴らしい。

続いて、スガダイローさんの曲『寿限無』。あの落語のジュゲムにメロデ
ィーがついている。途中、ういろう売りが出てきたりと江戸っ子酒井俊が
爆発。

怒涛の演奏の後は、バイオリンの太田さんとチェロの坂本さんが作り出す
音響に乗せて『初恋〜満月の夕』。音のオーロラのよう。

再び俺も登場して『リボンの騎士』を。関島さんのチューバと土井さんの
バスクラで奏でられるメロディーに俺も絡む。ルバートからのフルート太
田朱美さんと信正さんの軽快なイントロが絶妙!

ステージは終盤へ向かっていく。『LONESOME CITIES』。冒頭のホーンで
のイントロから全員でイン。音楽が肯定してくれる。

ラストは俺は抜けて、『喜びも悲しみも幾年月〜真夜中のギター』で締めく
くった。土井徳さんのドローンのような音が凄く良かったなぁ。どういう感
覚であの音を吹き続けているのだろう?物凄く良かった!

酒井俊さんを軸に目まぐるしく変化するステージ。様々な色彩に温度に感情。
極限の集中力が生み出した最高のステージだった。参加できて嬉しかった。

今度また落ち着いて飲もう!と俊さん。ハグを交わして、次の会場のドルフ
ィーへと移動。チューバの高岡大祐さんも、板橋さんに飛び入りするよう誘
われて一緒に行く。でかい楽器二人とワインをラッパ飲みする女の奇妙な3人
組みがワイワイと横浜の街を歩くのは楽しかった。」


以上です。
リハで渡したA3用紙にびっしり書いたあんな能書きとたった1回のリハで、
ステージはある時は紙に書かれたように、ある時はちょいとどこかへ行き
戻り、軌道修正して、涼しい顔して次に行ったりしたのでした。ステージに
立ったらもう何が起こるかなんて予測不可能..........ミュージシャンの皆さん、
本当にありがとうございました。

観客の方々もくいいる様に聴いて下さり有り難かった。そして音響の方々は、
とてもいい音を作って下さり心より感謝であります。もうそれがアウトだと
アウトでありますものね。すべてのスタッフの方々に感謝であります。いつ
もありがとうございます。

実は一つ残念なことがありました。自分の直感を今回貫かなかったんです。
今回は全13曲、田中君と関島さんで「エドガーの日常」から入ると決めと
りました。それで行けると。しかし、ぐらついたんですね、時間オーヴァー
するんじゃないかと思ってしまい、全12曲、結果1時間50分のステージで
した。エドガーをやっても余裕の選択だったわけです。直感を貫かないなん
て、あきまへんなあ。この事は残念であります、非常に。

皆さんありがとうございました。
瀬尾君、ありがとう!!

1.MY WILD IRISH ROSE 林・井上・朱美・関島・太田・田中・瀬尾・山本
2.街 林・朱美・田中・瀬尾
3.回想 全員
4.花身 林・坂本・田中・瀬尾
5.SORRY SEEMS TO BE THE HARDEST WORD 林・田中
6.ナーダム 全員
7.ballad medley 林DUO
for all we know~someone to watch over me~i'll be seeing you
8.寿限無 林・田中・山本
9.初恋〜満月の夕 坂本・太田
10.リボンの騎士 関島・朱美・土井・田中・瀬尾・山本
11.LONESOME CITIES 林・井上・土井・関島・太田・田中・瀬尾・山本
12.喜びも悲しみも幾年月〜真夜中のギター 井上・土井・坂本・田中
[PR]
by sakaishun | 2012-10-09 01:10

Imitation of life

a0189940_1422666.jpg

現在新しいHPを制作中です。「螺旋階段な日常」のツアーは10/11月と続きます。
東京でも横浜でも旅でもいろいろな方とお会いし、様々な事に出会います。なぜHPを
新しくしたいのかは、もうじきできるかもしれない所に来てやっと、それが体内で肉
付き始めたような気がします。「螺旋階段な日常」と共に、あるいはそれぞれの夜の
演奏家達と、また観客の方々、そして様々な小屋の空気の中で、311以降、カオス化
していた体内の何かがはっきりしてきたようです。

ドイツからでたダグラス サーク という、ファスビンダーやゴダール、オゾン達がこぞ
ってオマージュしている監督がいます。50年代、彼のUS時代の作品の中に Imitation of
life (悲しみは空の彼方に←邦題はちとややこしい様な気が)という、タイトルも大変素
晴しい作品があります。この映画が最もすきという事ではなく、タイトルと内容がぴ
たりとしていて、凄いなと思うのです。こういった表現のできる「英語」という言語
のセンスには、素敵だなという気持ちがおこります。映画は「循環」を意味している
と思われます。



綿々と続いてきた、続いてる、続くだろう循環の中で、、、、、
旅帰り、もう随分以前に観たサークの映画のいくつかを強烈に思い出しました。
WEBの制作とライブの肌触りとサークの循環が循環。
Imitation of life
[PR]
by sakaishun | 2012-10-04 01:03