うたいて酒井俊の日常を少しずつ話せればとおもいます 散逸してはいますが 撮りためた写真なども掲載したいと思っています


by sakaishun

<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


a0189940_2593153.jpg

常さんの口から「祖父母の墓は大きな銀杏の木のところで」
というフレーズがでてきて、もうなんちゅうか私としては
まったくもって耳を疑ってしまうわけであります。

お主やるなってなものです。

あの大銀杏は天王寺さんから、つまり日暮里駅から行った場合
桜並木に足を踏み入れる手前から俄然そびえ立っているのが目撃でき、
子供の頃、それは「天狗の木」と命名しとりました。

コッペパンを買って、肉屋さんに行きコロッケを挟んでもらい
ソースいっぱいかけてもらう、みんなでするお昼ご飯(因みに
コッペパンは10円コロッケは5円、ソースはサービスでしたあ)も、
何となくお昼寝しちゃうのもその「天狗の木」の木陰であります。
冬の終わりから春、秋は殆ど毎日。夏は駄目駄目、空など全く
みえなくなる桜の緑強し葉々達のトンネルからは、毛虫の大群が
ばっさばっさ、道路は毛虫でぐちゃぐちゃになりました。
毛虫とのかけっこ合戦でありました。

その大銀杏を、「大きな銀杏のそばに〜〜」とさらっといったあなたは、
なになになに....なのでありますが、ぐっとこらえ、前進であります。

私の場合いろいろ逆なんですね。
墓場で遊ぶのが日常でありましたから牧野富太郎、高橋お伝、
天津乙女、川上音二郎、上田敏、谷田部良吉、本居長世、
渋沢栄一、3才で逝ってしまった子供のその子が描いた絵を彫った墓、
赤く塗られた生前葬←これは鳩山一郎と薫子、まったく大きな墓でした。
なんで生きてるのにあるんだろうと不思議で母に尋ねた物です。
無論赤塗りしてありました。
侵入禁止の徳川家の墓なんてのもお昼をするのにはもってこいでありました。
大きなまあるい半円形のとでもいえばいいのでしょうか、そんなんが沢山ありました。
掟破りはその頃からの得意技。

それらはただみて目に焼き付いていただけです。
学校へ行き、授業で、本で、映画でなんだか知ってるなあこの名前、、
というわけ、あとで知識は得たもの?にすぎませんでした。
まあいわば逆なわけです。


遊びの行動範囲は谷中、日暮里は勿論、上野のお山、団子坂から根津、田端、
池之端、千駄木、本郷、白山、入谷の鬼子母神、浅草辺りまで及びましたから、
どこだったかは確実には思いだせないのだけれど漱石、龍之介住居跡などの
その記された細長いあれ?を無意識に常に目にしていたわけです。
(中学に行く頃は自転車で千住の荒川土手まで足はのびました)

そういえば、山下清の家の前はまだ歩道と車道の区別ない時代に、
いい感じの大きくもなく小さくもなく、しかししっかりとして
微笑ましくもある石門に「山下清」の表札がはめこんであり、
その前を通るのは大変楽しみで、ある時は回り道してのわざわざの
帰り道だったりしたのでした。


常さんはいいます。
「長谷川一夫の墓はこの道路に面して、、たしか」
我々はもどりました。私は知らなかったから、彼の墓があったなんて。
ありました。お花がいっぱい。常にいっぱいということだそうです。
(常さん本当にここいらあたりの探訪しとるんですね)と内心、ふむふむ。
で、そこは長谷川家の墓と名称されており、最前列の右端にかわいらしい
「〜〜〜水子霊達之墓」というのがあって、もう目を疑いなんどもみたので
ありました。彼の心なんでしょうかねえ。どうしてもそれをして逝こうと、、謎

a0189940_343343.jpg

墓地を抜け花重さんを右手に進めば桜木町に抜けて行くわけです。
そう、愛玉子のあるそこいらです。
桜木町に入る処は三叉路になっていて三角を右に行けばまた日暮里の方へ
もどるというわけであります。

その三叉路の所にはとてもcharmingな画材やさんがあったのですが、、
そしてそこには憧れてしまう、バリバリ現役だった頃の北原三枝そっくりな
カッケイ女子がいて、いつも男を二人つれとり、ながい足、ポニーテールの
長い髪を、アタシ口なんかきかないのよ、ちょっと目配せ、薄く笑うだけよ
なんて感じでいたのでした。あの人は今はどうしてるのだろうか。
ながい足を大股で、、自然に大股か?闊歩しとりました。

で、我々は日暮里に通じて行く初音町への道へと曲がっていったのであります。

常さんはいうのであります。
「五重塔、、、幸田露伴、、、その辺りの話聞きたかったんだよなあ、、、」
で、五重塔はもうその残骸しか残ってはおりませんから行く事もなく、、
我々はやはり初音町への道へと進むんでありました。
ここで人情露伴の五重塔話が浮上してきます。
とんとんとんとんととんとん、、、、


続きますです、、、
[PR]
by sakaishun | 2012-04-20 03:10
昨晩降り立った日暮里駅は全くのしらない駅であり、がつんとショックでありました。
去年の一月に車を手放したので、それまではスイスイと車で花見もしよっとです。
駅自体はもう20年以上使った事がなかったので、、、、
駅はこの一年ちょっとの変貌という事がこのあとに判明したのではありますが。


深いわけのなにもなくただ飲みましょうと常吉さんとなり、
最後の桜も愛でる事ができたわけであります。

常吉さんも下町の産であり、あのあたりの探索は並ではなかったご様子、
なんせおおざっぱな土地柄、なんの足跡も、痕跡表示も殆ど残っとらん有様です。
それなしのでのいまや観光地、、という事ですが、実家はあれども、
父母が亡き昨今、余り寄り付かなくなってしまった次第。


で、もう日暮里駅の様変わりにショック状態のわたしなんですが、
彼のお尋ねにむらむらと、
子供時代に遊びし桜におおわれた土の上を行くうち、
やはり変わらぬ涼やかな風に包まれて、
いい気持ちになっていったのであります。




今回はただ、二人があるいた道順に沿って思いついた事、書いてみたいと思います。



まず、墓地口に降り立てば左折行く道と、前に即階段となります。
彼の所望は階段あがる。
もひとつ駅前には誰もが行く大きな坂道が右側に本行寺さんをみてあります。
この道はその夜あとで行くことになります。

この階段上の墓地は大体において地味目で、昔はちょいと荒れており、
それがまた格好の遊び場でありました。
大変整理されとるではないか、うッ左に見えるあの大きな美しい家は何だ何だ。

家をぐるっと左へ回れば、、、
駅前左折から直進、何となく右周りの緩い階段をあがり
まっすぐ行けば小径の小坂突端に天王寺さんの表門、で両道がぶつかる仕組み。
その小径小坂といえば、左には天王寺さんの生い茂る草木のはみ出た土塀、
右には短い距離だけれど、なんともいえぬ風情に満ち満ちた、
茶店や旅館や引き戸のある格子のある井戸のある木造の住まいが、、、、
今はぜーんぶ変わっちまって、、、そんな事驚いたって始まらない。

で、天王寺さんは、、ああこれはまああまりに現代建築?寺である事よで、
なんだかなんだかなんだか。
いまは立派な門柱がおわす所には、賽銭箱があったのよ。



で、桜並木。
となれば、五重塔。

今日はここまで、、つづきます。
長編になりそうです、、、ご期待ご期待!!
[PR]
by sakaishun | 2012-04-19 11:50

サイゴンあれこれ

a0189940_1641969.jpg

今年も6月に急遽、サイゴンで歌う事になりました
去年は10月に行きましたが、ブログに近づけずアップできずじまいでした。
で、ちょいと去年の写真を中心に書いてみようかと思います。
といってもライブの写真は殆どなくて、
私がちょこちょこと撮った街や、家、人の写真ばかりです。
上はとても好きな街角。訪れれば必ずぶらつきます。

a0189940_1673615.jpg

このビルディングは100年はとっくにこしている旧い建物。
中のエレベーターは、まさしく死刑台のエレベーターの如し。
手動扉の大変素敵な、乗車賃必要な代物なんでありますが、
気紛れな私はどうやら写真は撮ってない様子。
おそらく観るのに夢中だったんだわ。ごらんの様に屋上はもうぐしゃぐしゃなのに
中は様々、超ハイソがすってきにアレンジして工夫をこらし住まうから、
先々代辺りから極く普通に暮らしとりますが共存。
まったくもってすばらしい。






a0189940_16225799.jpg

ちょっと一休みしようかな、お腹もすいたことだし、、
この店はヴェトナムの家庭のご飯を、とてもおいしいが、しかし、、、
選択肢は無し、、だまっていても何品かを供して下さるという案配の
ヴェトナムの方々で、いつも満杯の店。

a0189940_16424498.jpg

お隣さんの家の壁をうまく取り込んだ内装も見事。壁、光、緑そして水。

a0189940_16462334.jpg







ぶらついた先には、こちらも隠れ家的な
これまた100年以上は建っていますよの家の階段をいってみたところ、、
a0189940_1701887.jpg

階段だけでもぶるっちゃう位素敵なのに階上にはこれまた、
ロマンティックなライトのお出迎え、、、、

a0189940_1743995.jpg

オーナーのかたの手作りの小物や服をおいている店でした。
あまり素敵なのでご紹介。
お茶もでき、カレーもあったような。

a0189940_17144823.jpg

オーナーの真由さん。
もうサイゴンに15年以上、、とてもくつろげる場所なので、、、
もしサイゴンに行くことがあったら是非、、、おすすめ。

a0189940_1718699.jpg








ではブラブラ帰ります。。どこへって、、それはどこかへね ひ み つ

a0189940_17222832.jpg


こちら、アンティーク屋さんですよ〜〜〜がらくたばかりにみえるでしょお
がらくたもありますが、、中には優れものもありますです。結構ありますです。
大変興味深い店であります。

a0189940_17241236.jpg


a0189940_17334834.jpg


うう、電線。でも年々少なくなるですね。バイクもシクロも少なくなるです。

a0189940_17345497.jpg


いつだって、どこにだって、働いてる人がいて、食べてる人がいるのねえ

a0189940_1737735.jpg


そろそろ町の灯りもつきはじめ、、

a0189940_17382654.jpg




今年は6月7、8、9、10日をベーシックにホーチミン(サイゴン)へのツアーがあります。
いつも殆ど何も言わずに行ってましたが、実は25人位の方々が夫々ベーシックな
スケジュールをもとに自由な日程を作っていらして下さってます。
メールでお問い合わせもあり、、全く規制はありません。
ただ人数が増えると私ではどうしようもないので旅行会社にお願いしています。
もしも興味がおありでしたら  bkrr09@gmail.com までメールをくださいますよう。

一緒に行きませんか?
[PR]
by sakaishun | 2012-04-16 17:48